モノづくり帳

takaraba.exblog.jp ブログトップ

関西紀行・京都編&オマケ

東京は爽やかな気候になってきました。
今日はウール物をえいやっとおしゃれ着洗いしてスッキリ、衣替え。

さて、前回の記事の続きとして京都編をアップしようと思うのですが
いかんせん庭の写真しかありません。(ほぼ庭園しか行っていないため)
我ながら枯れた感じのチョイスですが、そういったものに興味を持ち始める
お年頃なのかもしれません。最近盆栽も気になります。。。

という訳で、大混雑の大阪から逃げるようにして電車に乗り込み
30分程で京都に到着。予想外に近くてびっくり。
ちなみに京都伊勢丹は程よく空いていました。

まず最初に、駅の南側にある東福寺へ。
ここは紅葉が有名なお寺ですが、その紅葉の若葉色もとても美しかったのが印象的でした。
新緑の紅葉を通天橋から眺めつつ、方丈庭園へ。
c0188819_23475740.jpg

四角が並ぶ
c0188819_2348714.jpg

枯山水にもストーリー性を感じる
重森三玲氏が作庭したこの庭は、とてもモダンで斬新な印象を受けました。
その後少し離れた光明院へ移動。
c0188819_23502498.jpg

ここのお庭は「そうだ、京都行こう」のCMでも使われていたところ。
まるで舞台を見ているような感じ。
私の頭の中ではまたもやいろいろなストーリーが繰り広げられたのでした。(テーマは善と悪)
咲き始めのツツジも美しい。

その後、宿泊先に向かいがてら北上し、ザ・修学旅行の感がある清水寺へ。
c0188819_23541672.jpg

舞台が崩れそう~っていうぐらい、いつも満員な人だかり。
なぜ私が今回清水寺に行ったかというと、どうしても手に入れたかったものがあるからなのです。
c0188819_082510.jpg

前から噂に聞いていた頭痛に効く、清水寺の頭痛守り。
これを手に入れることが京都訪問の最大の目的でもありました。
ご利益ありますように~。

そして次の日、宿泊先ホテルから程近い無鄰菴(むりんあん)へ。
ここは山縣有朋の別邸として作られた場所。山縣自身がアイディアを出し小川治兵衞に作庭させた庭。
c0188819_015982.jpg

c0188819_0152356.jpg

爽やかな水辺。造形的な樹木。
お庭を眺めながら、お抹茶を頂きました。
来園している人々も、みんなゆったりとのんびりと庭を眺め、穏やかな時を過ごしていました。
きっと当時(日露戦争などがあった時代)の政治家も、こんな風に心を癒す場が必要だったのでしょう。

無鄰菴を後にして、少し歩いて南禅寺へ。
この日は本当に天気がよく、汗ばむほどの陽気。
c0188819_0191592.jpg

気持ちいい!湯豆腐食べたくなる。
c0188819_0193732.jpg

日焼けしたかも!

すっかり庭園三昧の2日を過ごし、その後、以前の記事にもアップしましたが
和久傳の茶房に行って穴子茶漬けとわらびもちを食したのでした。
本当に美味しかった。

帰り際に伊勢丹とマールブランシュに寄ってお土産ゲット。
お濃茶ラングドシャは大好物。現時点でもう食べ終わってしまっています(すでにまた食べたい)。

駆け足で巡った関西ですが、2泊3日では全然足りませんでした。
次回はもっとゆっくりじっくりと巡ってみたいなぁと思っています。
今度はいつ行けるかな?秋とか良さそうだなぁ。

国内をたくさん旅行したい、と改めて感じさせてくれた今回の旅行でした。

~~~~~~~~~~☆さて、オマケ☆~~~~~~~~~~
GW中にOAされた番組のfil de lin商品着用画像です。
c0188819_0325236.jpg

スザンヌちゃん、高尾山のとろろそばを食してご満悦☆の表情。
ヘアピンを着用して頂いているのですが、同デザインの色違いを2つ付けて下さっていました。
なるほど~!という感じ。(コレは同色2個セットで作っていたものだったので、新鮮でした)
いつもスタイリストさんには本当にお世話になっています。ありがとうございます!
可愛く身につける方法を教えていただいている感じです。
これからもスザンヌさんに似合うモノ、作りますよ~。
[PR]
by asa_takarabako | 2011-05-16 00:45 | 日々つれづれ